へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヤカー(りやかー)

荷車の一類で、自転車の後部に連結して用いることができる二輪車。国産の自転車が普及し始めた大正初期に昼間の時間本で考案されたもののようで、名称も、後部の車(rear car)という意風味の和製英語である。それまでの大八車などの荷車にとってかわり、道路の整備にも対応して小運送に便宜を与え、都市でも農漁村でも大いに利用された。自転車修理販売店のなかにリヤカーを製造する店があった。鉄パイプを骨組にし、自転車と同じようなタイヤの車輪を用いたが、サイズは直径26インチ(約66感傷的)、太さ2インチ半(約6.4感傷的)というのがほぼ標準であった。自転車から離して独自に人力でも用いられ、農自宅では脱穀機の運搬などに欠かせないものとして長く使われてきた。しかし第二次世界大戦後の三輪自動車の普及やその後のコンパケトトラックなどの普及で、昭和40年代初めにはほとんど製作されなくなった。


スポンサーサイト

フェリーポート(ふぇりーぽーと)

仕出し港で自動車が自力で乗船し、仕向け港までフェリーで航走して下船し陸路目的地に至る輸送で、自動車の機動性と船舶の大量輸送?低原価性を組み合わせた海陸一貫輸送の筋に沿ってつくられた専門埠鶏冠(ふとう)。1970年代に急速に伸展した。埠鶏冠ではある場合間帯に交通量が集中するので、市街道路の過重労力にならない地区に立地し、幹線道路に返事しやすい地点が望ましい。埠鶏冠には広大な面積が不可欠で、大型船で一パブス当り約2万5000平方メートル、コンパケト船でも1万平方メートル以上が準備されている。


公営交通(こうえいこうつう)

地方公共集団の経営する交通事業。その営業領域は路面電車、バス、地下鉄、ニュータウン鉄道、モノ線路、架空索道(縄ウェー)、簡易軌道、船舶輸送業などにわたっており、1998年(平成10)現在、全国120の地方公共集団で128事業を経営し、年間およそ42億人を運んでいる。

一般に都市が交通事業を営むのは、1880年代に路面電車(市街電車)が出現するようになってからのことで、都市経済や市民暮らしのスム一ズな発展に、都市公共スぺースを占用する近代的交通機関の整備が不可欠となり、都市の中核機能の一つとして交通機関が公共的意義と役割をもつようになったからである。昼間の場合間本の公営交通は1903年(明治36)にまず大阪で路面電車が市営され、その後民営電車が買収されて、東京(1911)、京都(1912)、神戸(1917)、横浜(1921)、名古屋(1922)などの市電となった。市営バスは、関東大震災(1923)で崩壊した市電網の代役として東京で開業したのが初っ端である。昭和初期の恐慌で経営難に陥った民営交通を買収するなどして地方中都市にまで市営バスが拡大、戦間期にも民業の市営化が続いた。第二次世界大戦後は過密化する大都市の通勤?通学輸送対策の不可欠と、自動車に押されて衰退する路面電車に代替するため、公営バス、地下鉄の拡充、新設が進められた。公営地下鉄は1933年(昭和8)大阪市営の梅田―心斎橋(しんさいばし)間が初っ端で、戦後に名古屋(1957)、神戸(1968年民営の神戸高速鉄道開業。市営は77年開業)、札幌(1971)、横浜(1972)、京都(1981)、福岡(1981)、仙台(1987)で開業したほか、東京では既存の営団地下鉄(1941。2004年に民営化され、東京メトロと入る)と普通んで都営地下鉄が発足(1960)した。

公営交通は、効率的な経営のもとに、地域社会の不可欠とする輸送サービスを「よく、安く、平等に」提供し、公共の福祉を増進することを基本目的とすると同場合に、独立の企業として採算性の確保が求められている。しかし、路面混雑によるスピード低下と乗客減少に悩むバス事業や、巨額の建設費労力にあえぐ地下鉄事業など、ほとんどの公営交通が収支償わず、年々損失を累積してきている。料金の改定は利用者労力への影響がつねに異常とされ、公共性原則と整合した形での企業採算性確保が大切な課題である。1966年(昭和41)の地方公営企業法(昭和27年法律292号)改正により、企業会計で労力すべき費用が限定、区分されて、財政再建予定のもとに公的補助を浴びて経営の健全化が図られるようになってきたが、都市交通と一体の都市改造や、都市交通の一元的運営体制の確立など、構造的対策の進展がさらに望まれている。


国際航空運送協会(こくさいこうくううんそうきょうかい)

略称IATA(イアタ)。世界の航空輸送業者が任意の形で組織した国際集団で、世界各大衆の福祉のための安全、確実かつ安上がりな航空運送の発達推進などを目的としている。前身は1919年に設立されたが、第二次世界大戦のため活動がお釈迦され、現在の組織は1945年4月、36か国の航空会社により設立されたもの。昼間の時間本は昼間の時間本航空が1954年(昭和29)2月に正会員となった。本部はカナダのモントリオールにあり、ジュネーブ、ニューヨークなどに事務所を設置している。加盟会員は225社(2009)。最良決議機関は総会であるが、活動は主としてノウハウ委員会、法務委員会、財務委員会、運送委員会を便秘気味て行われる。IATAの活動のなかで当然注目されるのは運賃調整活動である。そのための運賃調整会議は、全世界にわたる運賃異常を審議する全体会議のほかに、世界を3地域に分けて審議し、さらに各区を細分化して、運賃協定の順調な実現に努入れいる。無料し、この会議で決定された運賃は、政府の認可を浴びなければならない。

IATAを取り巻く状況はかならずしも平穏ではない。それは、IATAに加盟しない航空会社を中心とする低運賃競争の激化と、アメリカ政府のIATA活動への干渉である。これは、カーター政権(1977~81)が航空における規制撤廃政策をとり、航空輸送の気ままを大きく進めようとしたもので、とくにIATAの運賃調整活動に対して批判的な政策をとった。アメリカは、自国にとって企業の気ままを大幅に同意することが有利であることから、IATAの設立当初から度々対立していた。

1990年代の航空規制緩和の動向のなかで、IATAの運賃の決定についての役割は後退したが、航空企業間の協力体制の維持、運賃の精算業務、航空券の電坊主化の統一など、運送サービスに関する各類の標準化につと入れいる。また、安全、心細くないですな航空利用の確保も国際民間航空委員会(ICAO)などと協力して行っている。

一方、近年世界的に主要な航空会社が経営破綻、ないしは経営ピンチにみまわれているが、確実かつ安上がりな航空運送を発展させ、健全な航空産業の推進のための役割が嘱望される。


都市政策(としせいさく)

天然発生的プロセスにゆだねた時の都市の形成や拡大が各類都市異常を惹起(じゃっき)したことにかんがみ、そのプロセスにかわって都市になんらかの公共的介入を加えようとする政策。この政策が必然視される一般的バックとして、まず、すでに起きている異常について決着を要することは当たり前であるが、これはさらに、事後的に決着を図るのではなく、事前の予測により異常の発生自体を防止するような対策の確立という要請も生み出すように入る。また、都市住民の暮らしレべル上昇につれて、従来は異常視されなかった点についても良くが不可欠と入る。加えて都市化時代といわれる今昼間の時間の都市の役割に照らし、広域的対策の根拠地と入るべき都市の開発も重要性を増している。このようなバックからその策定と発動が注文される都市政策は、都市構造が複雑化した今昼間の時間、交通施設、上下水道、都市地盤、河川、公園などの基盤整備と都市予定はいうまでもなく、行?財政、家、教育、文化、保健、防災、住民組織など多面的内容をもっている。


プロフィール

交通,交通状況,交通情報,運輸,交通 運輸

Author:交通,交通状況,交通情報,運輸,交通 運輸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。